株式会社プレゼントカンパニー

ごあいさつ

ごあいさつ

そもそも『贈り物』とは「自分の相手への気持ちを現す物」とあります。 昨今は自分から自分へという贈り物もありますが、
いざ何を贈ったら伝わるのかと考えてしまうとなかなか決められません。
下手な物を贈れば相手が敬遠するようになり、そのうち自分自身も敬遠してしまう。
本来「想い」を伝えるものなのに「重い」になってしまう。
それならば、と色々探してみても、ありふれた同じようなものばかり・・・。
贈り物とは、元を正せば文頭にも記したとおり「自分の気持ちを相手に伝える手段」です。
重たくてもいいじゃないですか。想いを贈られた方がどれほど感じるかなんて人それぞれ。
贈ったその時は理解されなくても、想いが入っていればいつか通じる、感じてくれる・・・。
もしも感じてくれなくても、それはそれで良いのではないでしょうか。
そして、自分へのプレゼントは、他人には理解されない「自分だけの物」。
お気に入りの一品や思い出の品、両親から受け継いだ物をそっと身近に置いておく。
それだけで元気が出たり、癒されたり、心が満たされるものです。
『花(ウッドペタル)に形を変えて想いを贈る・・・心にプレゼントを。』 私どもは、そんなみなさまのお手伝いができれば幸せに存じます。

株式会社プレゼントカンパニー一同