株式会社プレゼントカンパニー

本当に喜ばれるプレゼントとは
もっとそばで身近に
たった一つできることがあります
心の縁は残るのです

プレゼントって本当はお金をあげた方が良いのでは?と考えていませんか?

プレゼントって形のある物だけとお考えになられていませんか?
当社では心にも置けるプレゼントを作る事が出来ました。
一般的に販売されているありきたりのプレゼントを贈ったところで、
送った方、又 貰った方の双方が、本当にその方々が
満たされているものではないのでは?と疑問を持ち
当社では心が満たされることが本当のプレゼントだと考え、
プレゼントをちょっと深く考えてみるというキャッチフレーズをもとに
このサービスを始めました。

何を贈ったら良いか、あれこれ悩むものです。
プレゼントで失敗する人と成功する人の差は何でしょうか?
もらった側の人のことも考え、又、自分の想いを品物にのせて贈る…
贈られた側が本当に喜ばれる贈り物を、私共と一緒に作りませんか?
プレゼントカンパニーでは、お祝い、記念品、冠婚葬祭時などに贈る
オリジナル品を一品一品手作りにて制作し、販売しております。
大切な方への贈り物はもちろん、
ご自身へのプレゼントとしてもご活用いただけます。

ウッドペタル

又、ウッドペタル事業としまして、
お客様が大事にしまわれていた物、大切な方の愛用品、
処分できない思い出の一品の一部(木の材料からとなります)をお借りし、
お花の形に変えていつでもお側に置いて身近に感じられるよう、
お手伝いをさせていただいております。
素材に関しましては、お客様からお借りできなくても、
こちらで御用意させていただくこともできます。

一例ではありますが、贈る側の方が大切にしていたものは、
実は永遠に残しておきたいものではありますが、他人からみて得てして
ガラクタ(不用品)と目に写ることと思います。
この押入れの底に眠ったままの物や部屋の隅に唐突に不似合いな形で置かれている不用品を誰もが嫌味なく身近に置いておけるもの=花の形に変えた贈り物を伝統工芸師の新しい技により制作 提供しております。

人は一生に何度もお祝い事を経験しますね。
お誕生日から初節句、七五三、ご入学、ご卒園、ご卒業、
ご入社、ご定年、ご還暦、ご古希…
また季節のお祝い事やイベントも大切にしたいです。
お正月、ひな祭り、こどもの日、母の日、父の日、敬老の日、
クリスマス、バレンタインも近年では
大切なイベントになってきていますよね。
その他、お家の新築祝いやお引越し祝い、
お店などの開店用祝いなど、お世話になった方への贈り物。

本当に喜ばれるものは何なのか、
私共にお手伝いさせていただき、どこにも同じ物がない
完全なオリジナル品で贈られた方がいつでも気軽に思い出せる、
想いを感じられる物を、私共と一緒に考え、
贈った方に本当に喜ばれる贈り物を贈りましょう…

伝統工芸師が生んだ永遠に枯れない木の花「ウッドペタル」
伝統工芸師が生んだ永遠に枯れない木の花「ウッドペタル」

よろしければプレゼントカンパニーのSNSもご覧ください。

facebook Instagram Twitter

私達が対応させていただきます

スタッフ
亀井 博美
多岐にわたる経験を生かし、私のすべての能力を発揮できる会社だと思い入社を決めました。
話をするのも聞くのも大好きなのでいろんな方々とお会いするのが楽しみです。
犬2匹、猫2匹、子供2人の母です。
よろしくお願いします。
亀井 進之介
大学中退後、その後の進路を模索中、こちらの会社より誘いを受け、入社しました。
初めてのことばかりで、戸惑うことばかりですが周りの方々に教えて頂き、毎日勉強しています。
よろしくお願いします。

贈り物を通して、家族、友人、先輩、後輩の方たちの輪を広げ和んでいくお手伝いができればうれしいです。

一本松「絆」

一本松「絆」

2011年3月11日の出来事は被災された方たちにとっては大変な出来事だったと感じており、改めて心よりお見舞い申し上げます。
私事ですが、その頃事業がうまくいかず、とても落ち込んでおりました。
テレビやニュースでも奇跡の一本松の事を知り、私の苗字にも入っております「松」ということもあり、どうしても気になりボランティアをさせていただいた帰りに陸前高田へと向かいました。
以前は松林付近にコスモスの花が一面に咲き誇っていたのに…その面影は微塵もなく、変わり果てた様を見て思わず立ちすくんでしまいました。
理不尽で暴力的な自然の力に負けじと、また違った自然の力によって粘り強く耐えたこの一本松が、もう一度頑張ってみようと、私の気持ちを奮い立たせてくれました。
この作品の中は、その時に松林のあった海辺に片付けられていた松の木を譲っていただき、その木でコスモスと『絆』という文字を型取りました。
この『絆』という文字は11個の松の木でできています。
11日に自然の力によってバラバラにされましたが、その時もらったパワーに感謝し、人の互いに寄り添い助け合い、相手を気遣う気持ちがあれば、また一緒になれるんだ「負けないぞ」と思いを込め制作しました。
製作期間は2年弱。
沢山の方々に記憶していただきたく、この度この額を飾って頂けるところを募集いたします。
皆様のご理解とお問い合わせをお待ちしております。

株式会社プレゼントカンパニー